カードローンで多重債務になりながらも完済した私の体験談です

正社員から派遣社員になり、借金と向き合う日々

多重債務

10年ほど前に、消費者金融のカードローンを利用した時の体験談です。生活費が足りないためまずいくらか借りて、後で少しずつ返済出来ればと思い、大手の業者で申し込みをしました。
クレジットカードもきちんと返済していましたし、正社員だったこともあってまず5万円借りることができました。しかし、すぐにお金が手に入る生活に慣れてしまったのでしょう。結局返済が苦しくなって、その数か月後にもう一度、他の消費者金融のカードローンを申し込む破目になりました。

そのうち正社員から派遣社員になり、手取りの収入が2万ほど減りました。そのため返済が思うように行かなくなり、最初に借りた消費者金融で、返済方法を変えてもらうように頼み、何とか返済ができるようになったのですが、派遣の場合仕事がいつ終わるかもしれず、はらはらしながら借金と向き合う日々が続きました。その当時は、消費者金融でも総量規制が無かったため、年収の3分の1という制約もなく、今から考えれば、派遣の年収の3分の1ぎりぎりの金額を借りていたと思います。

債務整理は回避し、弁護士のアドバイスで多重債務を完済

このままではよくないと思い、平日の休みを利用して、公共機関で相談してみることにしました。担当の弁護士さんに、いくら借りているか、借入残高はいくらあるか、そして収入額について話したところ、それは多重債務状態だから債務整理をした方がいいといわれました。
しかし債務整理をすると、クレジットカードも使えなくなりますし、できれば完済したいというのが本音でした。そのことを話すと、ちょっと考えるような顔をして、ならばどちらか1つを優先して払うようにしなさいといわれました。

私は、最初に借りた方は返済方法を見直してもらっていましたので、後で借りた方の月々の返済額を少し減らしてもらい、その後半年かけて、最初の方の借り入れ残高が10万円にまで減ったところで、2番目に借りた方も、多少額面を増やしつつ返済して行くようにしました。また、この頃はクレジットカードもあまり使いませんでした。一旦使い始めると際限が無くなりそうなので、週に1度、それもいくらまでと決めていました。
読みたい本はできるだけ図書館を利用し、服や靴もほとんど購入しないか、利息がつくのを覚悟で、複数回のローンを組むようにしました。相談から1年ほどで最初の分を返済し終わり、その後に借り入れた分も、その後10か月ほどして完済できました。

あの時債務整理にも気持ちが傾きかけたのですが、頑張れば何とか返済できるものです。またその後、いわゆる過払い金の請求をして、いくらかお金が戻っても来ましたので、その意味でも完済してよかったと思っています。