カードローンとキャッシュカードを混同しない

審査に通らなければ所有できないクレジットカード

サラリーマンやОLなどで会社勤めをしている人は、毎月の給料は自分の銀行口座への自動振り込みを利用している人は非常に多いことでしょう。そして振り込まれた給料は、キャッシュカードで身近にあるATMやCDなどから引き出せば良いのです。そのカードとは、普通預金の口座などを開設すれば、誰でも自動的に手に入れることができるのです。
この点は、申し込み手続きをしても審査に通らなければ所有できないクレジットカードなどとは根本的に違います。また、銀行などでもお馴染みのカードローン商品もまた、申し込んだ後の審査に通らなければ利用することはできません。そのローン商品は、たとえ口座残高がゼロ円であったとしても、利用できる融資枠が残っている限りはお金を借りることができるのです。ですから生活費が足りなくなって経済的にピンチになってしまった時など、手軽に借り入れができて便利で重宝するものです。

借金を背負うという現実を麻痺させてしまう危険

実際、世の中には大勢のローン商品利用者がいるのです。しかし、カードローンを利用してATMから出てくる現金は、キャッシュカードを利用して手に入れる現金とは本質的に違うものです。確かにどちらも現金であることに違いはありませんが、その中身は完全に別なものなのです。そんなローン商品とカードとは、絶対に混同してはいけません。
たとえばローンで手に入れた現金は、ATMから出てくるその様子を見ていると、まるで自分の口座から預金を引き出しているのと全く同じように見えます。実際に、そのように錯覚してしまうこともあるのです。しかしその錯覚は、時として借金を背負うという現実を麻痺させてしまう危険があります。それゆえ、それは危険な錯覚と考えなければなりません。

金融事故を起こさないように期日までに返済すること

ローンの現金は借金なのですから、返済しなければならない責任があるのです。その責任は、決して曖昧にしてはいけません。いずれにしても、ひとたび借金を背負うと返済の義務が発生します。しかもその返済は、自分の都合の良い時に適当に返せばいいのではありません。事前に決めた約束の期日までに、約束した利息をプラスして返さなければいけないのです。
もしもそうした約束を破ってしまえば、それは金融事故となってしまいます。そして金融事故を起こすと、そのカードローンでは二度とお金を貸してもらえなくなってしまうこともあるのです。そうなると困るのは自分自身なのです。とにかくローン商品を普通預金などのキャッシュカードと混同してしまうのは、絶対に禁物です。