一部の銀行系カードローンでは消費者金融が保証会社となっています

消費者金融が保証会社となり、銀行のカードローンをサポート

昨今では、消費者金融だけでなく、銀行でもカードローンサービスを積極的に提供するようになっています。しかも、消費者金融と同じように、審査スピードが速くなり、即日審査や即日融資が可能にもなってきているのです。
銀行がこのような急成長をしている理由としては、消費者金融が保証会社となったことが挙げられます。一部の大手銀行は、同じく一部の大手消費者金融を保証会社としているのです。かねてからスピーディな審査や融資をおこなってきた消費者金融が、銀行をサポートすることで、銀行でも同様のサービスを提供することが可能になったわけです。

なぜ銀行と消費者金融とが業務提携をするようになったのか

ではなぜ銀行と消費者金融とが業務提携をするようになったのかというと、その原因は過払い金請求がおこなわれ始めたことにあります。かつて消費者金融は、グレーゾーン金利と呼ばれる金利で利息を請求していました。しかしグレーゾーン金利が裁判で認められなくなってからは、それまでグレーゾーン金利での利息を支払っていた人から、過払い金請求を受けることになったのです。それに応じたり、グレーゾーン金利での利息を請求しなくなったりしたことから、消費者金融の収益は以前と比べると下がりました。

そしてその厳しい状況でも生き残るために、一部の大手消費者金融は、特に資金力の高い一部の大手銀行と業務提携する道を選んだのです。その条件がつまり、自らが培ってきたノウハウを、銀行でのカードローンサービスに生かすことというわけです。銀行側としては、今後消費者に一層便利なサービス提供をしていくためには、消費者金融の有するノウハウは、非常に便利でした。

消費者金融と銀行との業務提携は、消費者にとっても有益

このように、一部の消費者金融と銀行との業務提携は、両者にとってメリットのあることなのです。これにより、その一部の銀行での審査は、現在は消費者金融がおこなうようになっています。中には申し込み後30分ほどで審査結果を出すという銀行もありますが、これもやはり消費者金融のノウハウによるものなのです。さらに、返済が滞った場合の督促も、消費者金融がおこなっています。そのためやはり、培ってきたノウハウによって、スピーディに効率良くおこなわれるようになっています。
したがって、消費者金融と銀行との業務提携は、それぞれにとって有益というだけでなく、消費者にとっても有益なことと言えます。よりスピーディにスムーズに利用できるようになったことから、カードローンを利用する人はどんどん増加してきています。