カードローンの在籍確認はどのように行われるのか

カードローン審査の確認事項

カードローンを利用するためには、まずは審査をすべてクリアする必要があります。カードローンの審査では、本人の情報を確認し、さらに現在の借入れ件数、借入れ金額なども確認されます。
このほかでは支払いに遅延がないか、過去に債務整理などが行われていないかなど様々な情報がチェックされます。そして、審査で重要となるのは、その人に返済能力があるかということとなりますので、安定した収入があることも確認されます。

職場へ電話での在籍確認

申込の際は職場の情報も記入することとなりますが、このときに記入した職場に本当に本人が在籍しているかを確認することとなります。在籍確認の方法は電話で行われることが一般的です。職場に電話があると借入れをしていることがほかの人に知られるのではと心配になることもありますが、貸金業法では借入れをする本人以外の第三者に契約していることを知らせてはいけないこととなっていますので、まずほかの人に気づかれる心配はないと言えます。
業者の名前で名乗ってくることはなく、個人名で対応することが多くなっています。そして電話も短時間で終えることができますので、過剰な心配はせず、審査はきちんと受けておきましょう。
確認の方法に不安がある場合はあらかじめ業者に確認しておくと安心ですので、電話やメールで問い合わせておくこともおすすめです。ほかの審査でクリアしても職場での確認が取れなければ融資を受けることは難しくなってしまいます。

職場に在籍していることを証明する書類の提出で在籍確認する業者も登場

最近は電話以外で在籍確認を取る業者も登場していますので、どうしても電話に抵抗があるという人はこうしたサービスを利用してみてはいかがでしょうか。一部の業者では電話確認のかわりに、職場に在籍していることがわかるより多くの書類を提出することで、確認としてくれるサービスを提供しています。
この場合であれば職場に電話が入る心配はありませんし、会社が休んでいる土日などに申し込んでも即日融資が受けられるというメリットもあります。この場合は書類はファックスやメールなどで送付することが多くなっていますが、書類の文字が鮮明になっているか確認しておきましょう。提出する書類は社会保険証、直近の給与明細などのコピー、さらに写真入りの社員証、雇用契約書などがあげられます。
用意する書類については業者ごとに違いもありますので、公式サイトなどでよく確認し、わからない場合は電話などで問い合わせを行っておきましょう。あらかじめ必要な書類を揃えておけばよりスムーズに手続が行えます。