専業主婦にも利用できるカードローン

ほかのローンに比べて手軽に利用できるカードローン

カードローンは専用のカードを利用してコンビにや銀行のATMから利用できるとても便利な借入れ方法です。こうした借入れの場合は手続もインターネットから行える、本人であることを確認できる書類があれば手続が進められるなど、ほかのローンに比べて手軽に利用できることもメリットです。
そして借入れができる条件としては、やはり返済能力があること、安定した収入があるということがあげられます。この場合はパート、アルバイトなどでも対応していることが多く、主婦の方でもパートやアルバイトで収入のある人には利用しやすくなっています。アルバイトなどで本人収入があれば消費者金融、銀行とも利用できることが多く、それぞれの収入に合う金額は融資されます。

配偶者貸付可能なローンなら収入のない専業主婦でも申し込みできる

そして気になるのはまったく仕事を持っていない専業主婦の場合は利用できるのかということとなります。総量規制がある消費者金融の場合はそのままでは申しこむことはできませんが、配偶者貸付可能なローンであれば申しこむことができます。この場合は配偶者の方に安定した収入があること、配偶者の方の同意書が提出できることも条件としてあげられます。
配偶者貸付制度は本人に収入がない場合でも配偶者に安定した収入があり、配偶者と合わせた年収の3分の1までの金額であれば貸付可能となります。この場合は大手業者では対応しているところが少なく、利用できる業者は限られていますので、まずは配偶者貸付に対応している業者を探しましょう。この場合には婚姻関係がわかる住民票、本人確認書類、収入証明書などが必要となります。

配偶者の同意なしで対応している限度額が少なめな銀行のカードローンも

配偶者の同意が得られないという場合は銀行のカードローンに注目してみましょう。銀行によって対応は違いますが、配偶者の方に安定した収入がある場合は専業主婦の方にも対応しているカードローンも多くなっています。
専業主婦の方が申しこむ場合は限度額が少なめに抑えられていることも多くなっていますが、この場合であれば、特に配偶者の方の同意書、収入証明書が必要ないことも多くなっています。銀行ごとに条件や限度額は違いがありますので、申し込み前はよく確認しておきましょう。手続は来店だけではなく、自動契約機、インターネット、電話などに対応しています。
消費者金融と比較してより低金利で利用できるのも魅力です。カードはローン用のものを発行してもらうこともできますし、すでに取引のある銀行であれば、キャッシュカードにローンの機能をプラスしてもらうこともでき、この場合であればカードを発行する手間もありません。