カードローン審査にはクレジットカードの利用履歴が影響することもあります

カードローン申し込みの審査

カードローンを申し込むと審査が行われるのは、皆さんご存知でしょう。これはクレジットカードの審査にちょっと似ています。
まず収入がきちんとあるか、信用情報にブラックがついていないか、他社から借り入れがあるかないかといった点が、特に厳しくチェックされます。収入のあるなしやブラックの登録などは、担保も保証人も無しで、信用だけでお金を貸す金融機関にとっては、一番重要視するべきことだからです。

もし仕事をしていなくても、不動産収入や内職などでお金が入ってくる場合は申し込みが可能です。それから他社からの借り入れについてですが、件数が多いほど審査は厳しくなります。金額ももちろん大事ですが、1社から多額のお金を借りているのと、複数の会社から少しずつお金を借りているのとでは、後者の方が不利になります。少ししかお金を借りられないということは、それだけ信用が低いと考えられるからです。

また消費者金融の場合は総量規制があり、年収の3分の1に当たる金額までしか借り入れができません。これは、消費者金融の利用全てに適用されます。ですから消費者金融を多く利用している時は、それだけ総量規制に引っ掛かる確率も高くなります。
もし総量規制に引っ掛かったけどお金を借りたい時には、総量規制対象外の消費者金融、または銀行を利用するようにしましょう。

返済の延滞はカードローンの審査にも大きく影響する

信用情報に関しては、もう一つ気を付けておきたいことがあります。信用情報にはローンを3回続けて延滞した時や、債務整理をした時には5年間、場合によっては10年間ブラックが登録されます。しかし、ブラックが無いから審査は大丈夫なのかというと、そうでもありません。もし他にもローンがあり、その返済が遅れがちな時は、カードローンの審査にも大きく影響して来ます。
クレジットカードも同じで、3回連続とまでは行かなくても、常に遅れがちな場合は、期日までの返済が難しい人とみなされるからです。

カードローンの申し込みは一度に複数社申し込まない

それから、カードローンを申し込む時にも気を付けたいことがあります。1社だけだと落ちるかもしれないという理由で、つい何社も申し込みたくなりますが、それは避けるようにしましょう。特に4社以上は1度に申し込まないようにしてください。あまり多くを申し込むと返済能力に疑問を持たれるため、かえって審査で落とされてしまいます。これを申し込みブラックといいます。
一度にせめて3社までにして、それも1社の結果を待ってから次のに申し込むようにしましょう。もし申し込みブラックになった時は、半年経てば情報が削除されますので、それを待ってから再度申し込むのがお勧めです。